ニュース

【イベント情報】ソーシャルデザインカンファレンス2014

ソーシャルデザインカンファレンス A+A)リアルタイムプロジェクトが生むダイナミズム

瀬戸内国際芸術祭2013・小豆島事例にテーマを絞った、トークショーが大阪で行われます。

サステナブルな社会創生を目指して、今、私たちが取るべき行動指針を語り合うソーシャルデザインカンファレンス。アートや芸術で地域創生を成し遂げた事例を醤の郷+坂手港プロジェクトディレクターの椿昇氏をはじめ、参加クリエイタ—が語ります。そのほか豪華ゲストのトークや小豆島町長が参加してのパネルディスカッションもあります!!

この日は大阪南港ATCに是非足を運んでみてはいかかでしょうか?

お申し込みはこちらから!

http://www.osaka-design.co.jp/event/2014/022713.html

 - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - - 

ソーシャルデザインカンファレンス A+A)リアルタイムプロジェクトが生むダイナミズム

—理論と実践の同時進行— 成功事例の現場から

日時:2014年3月20日(木) 13時00分~17時30分

会場:大阪デザイン振興プラザ(大阪南港ATC内)ITM棟10階 特設会場

参加費:無料

出演(敬称略):ムラタ・チアキ(実行委員長)、椿昇(京都造形芸術大学教授/カンファレンスモデレーター)、

        服部滋樹(graf代表)、原田祐馬(UMA/design farm)、大西麻貴(o+h)、

        花井裕一郎(NPO法人オブセリズム代表)、中村政人(3331 Arts Chiyoda ディレクター)、

        林千晶(株式会社ロフトワーク代表取締役)、塩田幸雄(小豆島町長)