プログラム

THE STAR ANGER

ヤノベケンジ

坂手港灯台跡 / 常設

海路より「希望の島、小豆島」に人々を導く灯台の役割をなす巨大ミラーボール作品《THE STAR ANGER》。核や放射能の問題に長年にわたって取り組んできたヤノベの、現代社会へのあり様に対する怒りを込めた作品です。四方八方に角を突き出した直径5 メートルに及ぶ巨大ミラーボールに、怒りに目を赤くするドラゴンが乗り、回転しながら光を放つ光景は圧巻。坂手港護岸、以前灯台が建っていた跡地に小豆島のモニュメントとして燦然と輝いています。

 

yanobe

ヤノベケンジ  美術作家

1965年大阪府生まれ。90年初頭より「サヴァイヴァル」をテーマに大型機械彫刻を制作。97年にチェルノブイリを訪問する《アトムスーツ・プロジェクト》を行うなど社会的メッセージを含む作品群は国内外で評価が高い。2009年には大阪を舞台にした「水都大阪2009」にて火を噴く巨大ロボット《ラッキードラゴン》《ジャイアント・トらやん》などを発表。同年大阪文化賞受賞。 2012年には震災復興を掲げるモニュメントとして巨大な子ども像《サン・チャイルド》を制作。福島をはじめ大阪、モスクワ、イスラエルなど世界各地に設置している。
http://www.yanobe.com/
http://kyap.tumblr.com/