事務局ブログ(週1回更新)

2015年3月4週目|新しい春に向けて

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

3月21日に池田イマージュセンターにて、
「さっちゃんと子育ちについて語ろう」という講演が行なわれました。
講演してくださったのは、70歳で現役高校生をしていた佐藤さちこさん。
高校生活では高校生の弁論大会に出場し、文部科学大臣賞を受賞されました。
現在は73歳で、国立大学を目指す元気な浪人生です。愛称はさっちゃん。
そして、その娘さんである山下アキさん。ラジオパーソナリティをしておられます。

さっちゃんは、8年前に旦那さんを亡くし、数年後には旦那さんと
一緒に経営していた会社が倒産してしまうというできごとがあり、
ショックでうつ病になってしまいました。

何と話しかけても「死にたい」としか言わないさっちゃんに限界がきたアキさんは、
「どうせ死ぬなら、やり残したことをしてから死んだらいい。」と言ったそうです。
この一言で、自分がしたかったことは何だろう?と考えたさっちゃんは、
10代の頃に諦めた高校に入学するという夢を、再び胸に抱きました。

希望をもったさっちゃんを家族は全力で応援し、孫と一緒に受験勉強、
苦手な英語も必死で覚えたそうです。そして高松商業高校に見事合格!
10代の生徒たちに混じって高校生活を楽しみ、勉強も人一倍頑張ったそうです。
そして卒業の年、先生に勧められて、自らの経験を言葉にし高校生の弁論大会へ出場をしました。
家族に支えられながら何度も何度も練習し、全国大会でトップとなる文部科学大臣賞を受賞。

今回の講演ではその弁論を聞かせていただきました。
さっちゃんが自らの経験を通してたどり着いた答えは、
「何かをはじめることに遅すぎることはない」でした。

アキさんが話されるさっちゃんと家族の挑戦、さっちゃん自身の弁論を伺い、
自分自身の挑戦したいことなどと重ね合わて勇気づけられました。
親が子どもを育てるだけでなく、家族同士が育て合うことの大切さも感じました。

その日の午後からは、ぎゃらりぃ松尾にて、小豆島高校文化部の発表会が行なわれました。
発表会のタイトルは「SHOKOLATE(ショコラテ)」。人の心を温かくできるような
ホットショコラテと、小豆島高校の愛称である小高をかけて考えられたタイトルです。
3年生は卒業したので、新3年生と新2年生の発表でした。

吹奏楽部の心地のいいトーンチャイムの音色からはじまりました。優しく響く美しい音色と、
ぎゃらりぃ松尾のお庭に咲きかけている木蓮のつぼみがよく合っていて、癒されました。
続いて、ギター部によるアコースティックライブ。みんな上手く堂々と歌う姿が印象的でした。

最後の吹奏楽部の演奏では、ホルン、フルート、クラリネットのきれいな音色に、
春の陽ざしのまぶしさと暖かさも加わって、気持ちのいい空気に包まれました。とても素敵な時間でした。

年度の変わり目に、たくさんの人から元気をもらって、春からも小豆島で頑張ろうと思えた一日でした。

2015年3月3週目|たべるえほんの会

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

3月15日に草壁公民館にて、第4回目となる「たべるえほんの会」を開催しました。
たべるえほんの会は、こどもたちが食への興味をもつために、
絵本をきっかけに食べること考えるための企画です。
21人の子どもたちとお母さんが参加してくださいました。

今回は、食育のボランティアをされている大川さち子さんを先生にお招きして、
春にぴったりのおしずしのつくり方を教えていただきました。

挨拶のあとは、ただいま文庫の松尾お姉さんによる絵本の読み聞かせ。
「ポポくんのみんなでおすし」は、かばのぽぽくんが仲間たちと
力を合わせておすしをつくるというお話です。

みんなも協力しあって、おすしをつくってみよう!
ということで、おしずしづくりスタート!
普通、おしずしをつくるには専用の型が必要になりますが、
家でも簡単につくれるよう牛乳パックをつかった方法です。

炊きたてごはんにお酢をまぜたら、うちわでパタパタ冷まします。
にんじんチームは、お花の形に型抜きを。
ちょっとコツが必要だったようで、何度も抜くうちにきれいになってきました。

卵チームは、ホットプレートで炒り卵づくり。
焦げないようにお箸でくるくると混ぜて、きれいにできました。

ラップを敷いた牛乳パックに、にんじん、ブロッコリー、炒り卵をいれて、
ごはんを詰めます。味付けしたシーチキンを入れて、またごはんを入れます。
スプーンでぎゅっぎゅっと押して、ひっくりかえすと・・・

春の花咲くおしずしのできあがり!
スタッフが用意したおすましや、大川さんたちがつくってくださった
つくしの煮物などと一緒にみんなでいただきました。

お腹がいっぱいになったあとは、絵本タイム。
特別にきてくださった、「読み聞かせの会」の川崎さんと横手さんが
それぞれ絵本をもってきて読んでくださいました。楽しいお話に子どもたちは夢中です。

大川さんは、ふたりの娘さんがおられ、小さな頃のひな祭りに、
おひな様のかたちのお寿司をつくってあげたそうです。
それを、また娘さんがお孫さんにつくっているそうで、
食の喜びは、親から子どもへずっと伝わってくものだと感じたそうです。

このお話をきいて、子どもの食への関心はもちろん、
大人もしっかり食べることについて考えていかないといけないと感じました。
食べること、絵本を楽しむこと、別々のように思うことが繋がってどちらにも興味をもつきっかけになりました。
今回つくったおしずしのレシピはeiに設置しています。
お花見やピクニックにぜひチャレンジしてみてください。

2015年3月2週目|清水久和さんのワークショップ

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

馬木地区にあるオリーブのリーゼントでおなじみの
工業デザイナーの清水久和さんによる「愛のバッドデザイン」
ワークショップが3月9日に行なわれました。

愛のバッドデザインとは、
「日常生活のなかに溶け込んで普段注目はされないもの、でもなんだか気になる!」
というものに敬意を込めて清水さんが名付けたものたちです。
今回のワークショップは、小豆島のなかで見つけ出した愛のバッドデザインを
きっかけに、小豆島の発展に繋がる取組みを計画するための時間でした。

小豆島町と土庄町の商工会青年部と小豆島青年会議所のメンバーが参加し、
広報チーム、イベントチーム、商品開発チームに分かれて相談が行なわれました。

リーゼントみこしなど、斬新なアイデアが生まれました。
最初は、愛のバッドデザインって何?とピンとこなかった私たちも、
何度も清水さんと一緒にワークショップを行なううちに楽しくなってきています。
まだまだ計画段階ですが、実現を目指して数々のアイデアがうまれています。

そして、清水さんの分身(?)であるオリーブのリーゼントは
3月16日で2歳の誕生日を迎えました!おめでとうございます。
いつも綺麗に磨いたりお世話をしている岩ちゃん夫妻にお祝いしてもらっていました。
愛情を注がれている作品をみるととても嬉しいです。

いつも大切にしてくださっているおふたりをはじめ、
作品や取組みを見守ってくださっているみなさんに感謝しています。

2015年3月1週目|少しだけ離れた世代との交流

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

京都大学のアメリカンフットボール部「Gangsters」の部員約100名が
小豆島に合宿に訪れ、小豆島の小・中・高校生たちと交流をしました。

3月4日には、メンバーのうち約20人が苗羽小学校に訪れました。
生徒から大学生に向けての質問タイムでは、積極的に質問をする子どもたちが印象的でした。
子どもたちにとって、京都大学がどれほどレベルが高い大学なのかは
あまり関係がなかったようで、子どもらしい質問が飛び交いました。

「毎日、牛乳は飲むのですか?」
京大アメフト部では寮のような施設があり、そこでは牛乳が飲み放題だという答えがあると、
子どもたちから「お〜〜〜!」という反応があったり、とても微笑ましい様子でした。

質問タイムのあとは学年ごとにわかれて、体を動かして遊びました。1・2年生は、しっぽ取りゲーム。
みんなが布をしっぽのようにつけて、取り合いをするゲームです。
チームに分かれてゲームがはじまると大盛り上がり!
アメフトで日本一を目指す大学生と、元気が有り余っている小学生たちの
体力には限りがなく、体育館には元気な声が響き渡りました。

大学生 VS 小学生 では、小学生チームが勝利し、大学生たちが、
罰ゲームとして、子ども達を背中に乗せて腕立て伏せをしました。
普段かかわることの少ない大学生のおにいさん、おねえさんと一緒に遊んで、本当に楽しそうでした。

一方、小豆島高校では、1年生約90名にむけて地域おこし協力隊の講話がありました。
現在、小豆島町には地域おこし協力隊が4名います。
考古学者で福田地区の石文化の研究をしている川宿田好美さん、
坂手地区で絵画教室をひらいている画家の岡村美紀さん、
地域の交流拠点であるUmaki campを建設し管理している向井達也さん、
アメリカ出身で世界中で活躍をしている写真家のパトリック・ツァイさん。

向井さん・パトリックさんペアと、川宿田さん・岡村さんペアに分かれて、
働くことについて、生活についてのお話がされました。

向井さんとパトリックさんは、高校生からの質問に答えるかたちで話ました。
「将来、自分のしたいことをするべきか安定した職につくべきか」という質問に、
向井さんは「安定した職などないと思う。自分のバランスで続けられることをおすすめします」
パトリックは「夢と現実のバランスの取りかたは人それぞれ。自分のバランスを知るといい」と
答えました。ふたりの話には共感することが多く、私自身も自分を見つめ直す機会になりました。

岡村さんと川宿田さんは、ふたりの経験を高校時代・大学時代・就職してからのことに
わけてそれぞれお話されました。ふたりとも、自身が目指していたこととできることの違いが
あったことや、お互いの尊敬する部分などを話されました。あと2年間の高校生活のうちに
進学や就職の道を選ぶ高校生たちにとって、参考になるお話でした。

小学生にしても高校生にしても、普段は接点の少ない少し年上のおにいさん、
おねえさんとの交流は、とても新鮮で貴重な時間だったと思います。
親や先生とは違う立場として頼りになる存在にもなりそうです。
こうした交流が、学校でも地域のなかでも増えていくといいなと感じました。

2015年2月4週目|アクリルたわし教室

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

2月25日、eiにてアクリルたわしづくりの編み物教室が開かれました。
これは、いままでeiで開かれていたワークショップと違って、
地域のお母さんが地域の人のためにひらいた教室です。

先生となったのは、坂手地区に住む壺井雅子さん。
いつもかぶっていらっしゃる可愛い帽子はお手製です。
壺井さんは、編み物やお財布づくりが得意なとても器用なお母さん。
かぎ針を持ち寄って、ご近所のお母さんたちが集まってこられました。

アクリル毛糸でつくられたたわしは、繊維が細く洗剤がなくてもきれいに茶渋や
汚れが落ちるので、生活必需品になっている人も多いのではないでしょうか。
参加したお母さん達も、もらったものを使っているけれど
つくり方を知らないので嬉しいと喜んでおられました。

色合いをアドバイスしあったり、編み目を褒め合ったり、
みんな手も口もよく動きます。
そして、みんな編み物の経験があるのかとても早くて綺麗に編まれて、
サポートする側の私たちがすっかり教えてもらっていました。

しばらくして疲れて来ると、休憩に体操を。
これも壺井さんが先生です。童謡に適当にダンスをつけながら
歌って踊ってすっきりリフレッシュしました。

ひとり1〜2個つくって解散しましたが、
これをきっかけにei周辺では編み物ブームがおきていて、
座布団カバーや帽子をつくるためにeiにお母さんがたが集まっています。

とても幸せな光景です。
他にも、暮らしを楽しむためのきっかけをつくれたらと考えています。

2015年2月3週目|つたえる♥メッセージカードの会

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

先日は、劇団 ままごとが7月に小豆島高校で行なう演劇《わが星》の公演の
ため来島されました。ままごとは、瀬戸内国際芸術祭2013、アート小豆島・豊島2014で、
坂手〜馬木を中心に港を舞台に数々のパフォーマンスをした劇団です。
小豆島のなかにも、一緒に歌ったり踊った人も多くおられると思います。
2013年から始まった関係は着実に深められて、今後の取組みのために着々と準備が進んでいます。

さてeiでは、バレンタインに大切な人に想いを届けよう!ということで、
「つたえる♥メッセージカードの会」が2月8日、11日に開催されました。

カードの材料にするため、坂手のまちを散策しながらお花や葉っぱを集めます。
坂手は細い道が入り組んで迷路のようです。私も最初は自分の家に帰るのがやっとでした。
そんなまちなので、歩くだけでも探検をしているようで好奇心が高まります。
石垣の間に咲いた小さな野花や落ち葉などをたくさん集めました。

eiに戻ると、さっそく集めた材料をつかって、世界にひとつだけの
メッセージカードをつくりました。画用紙にお花や葉っぱを貼り、メッセージを書きます。
最後にシートにはさんでラミネートをして完成!

お母さんへの感謝の気持ち、誕生日のお祝い、友達への遊びのお誘いなど
たくさんのメッセージができあがりました!
なかには、片思いの相手に渡すという子も数名。
ちょっと恥ずかしそうに渡す相手についても教えてくれて、
とってもハッピーな気持ちをおすそわけしてもらえました!

余談ですが、日本ではバレンタインに好きな人へチョコレートを渡しますが、
スコットランドでは、匿名でメッセージカードを届けるそうです。
方法は違っても、想いを届ける日という意味では世界共通。
みんな、幸せなバレンタインになったことと思います。

坂手のまちを歩きながら、本当に美しい場所だなぁとしみじみ感じました。
ままごとが首都圏で配布している《わが星》のチラシには、この坂手のまちの写真が使われいます。
撮影したのは、写真家の濱田英明さん。坂手をはじめ小豆島の美しさが、アートに関わるたくさんの
人の手によって世界中に広められています。
そうした状況も小豆島の宝物です。
たくさんの人に小豆島の魅力が届きますように。

2015年2月2週目|地域を学ぶ時間

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

少し春が近づいてきたような気がしますが、まだまだ寒い日が続きます。
観光客も釣り人も少ないですが、坂手のeiでは以前よりもご近所のおじさん、
おばさん、お母さんたちが立ち寄ってくださることが多くなったように感じます。
ゆっくりお話ができずに申し訳ないですが、地域の人が気軽に利用できて、
交流できる場所になっていければ嬉しいです。

2月7日に苗羽小学校で、「苗っ子フェスティバル」が行なわれました。
1年生〜6年生までの児童が、それぞれ小豆島の文化や産業をテーマに
学習したことを、グループごとに発表しました。

1年生は自分自身の発見、2年生はまちのなかにある発見、3年生はお醤油屋さん、
4年生はオリーブの魅力、5年生は二十四の瞳、6年生は芸術作品・観光地・
おみやげ・方言をテーマに、この一年間それぞれ学習をしてきました。

全ての発表は見られませんでしたが、すこし見学させてもらっただけでレベルの高さに驚きました。
3年生のお醤油さんについての発表では、子どもたちが醤の郷にあるお醤油屋さんの
格好をして、それぞれの醤油の特徴やおすすめを紹介していました。
知らなかったお醤油屋もいくつかあり、勉強になりました。

オリーブについて発表した4年生の教室の前には、一年を通して記録した
オリーブ観察日記がありました。葉っぱや、種類、実など、ひとつひとつに
焦点を当てて観察した内容が書かれていました。

また廊下に貼られている子ども達がつくった新聞に、
馬木キャンプのことが書かれているという嬉しい発見がありました。
小豆島の未来を支えていく子どもたちが、自分が暮らす地域にどんな文化や産業があり、
どんな人がどんなふうに守っているのか学習することは、とても重要なことです。
大学進学のため多くの人が島を離れますが、子どもの頃に学んだ故郷の魅力は
ずっと心のなかに残っていくのだと思います。

小豆島でおきるアートやデザインの取組みでも、地域の魅力を引き出して、
いつまでも心に残るの故郷への想いを育てていきたいと思いました。

2015年2月1週目|寒い時期の熱い地域行事

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

2月に入り、ジャンボフェリーは定期検査のため一時的にドックダイヤでの運航になっていました。
坂手周辺では今が一年で一番観光客が少ない時期なのかもしれません。
そんななか、地域のお祭りが元気に行なわれました。

ひとつは、2月1日に行なわれた坂手地区のお餅つき。
みんなでお餅をついて食べるのは、この時期の恒例行事だそう。
開始時間ぴったりに坂手の遊児老館(旧坂手小学校)に行くと、もうすでに
一臼目のお餅はつき終わっていました。男性たちは外でお餅をつき、女性たちは中でお餅を丸めます。

ハイ!ぺたん!ハイ!ぺたん!という調子で、リズムよく進みます。
軽快そうに見えますが、私も挑戦したところかなり杵が重くて大変でした。
坂手は年齢層が高いので、みんなの足腰を心配してしまいましたが、
辛そうな様子は全くなく、あっという間に六臼分のお餅がつき終わりました。

休憩している間には、コマ回しや凧揚げなどで遊びました。
夢中で遊んでいたのは、子どもではなくおじさんたち。
懐かしいと遊ぶ姿は本当に少年のようで、全員コマ回しが上手かったです。
ほかにも、昔していた「さざえさん」という遊びなども教えてくださいました。

最後は、みんなでお雑煮を食べました。
香川県では主流のあんこ入りお餅のお雑煮です。
小豆島ではあまり食べられることがないので、ほとんどの人が初挑戦でした。
普通のお雑煮のほうが美味しいとか、意外といけるとか言いながら、
みんなで暖まったお餅つきでした。

そして、2月3日は馬木の八幡神社で節分祭が行なわれました。
午後7時からの餅まきに合わせて人が続々と集まり、小豆島には
こんなに人がいたのかと思うほど、境内がいっぱいになりました。

餅、チョコ、ピーナッツなど撒かれる量は半端ではありません!
拾う側はみんな動きやすい服で袋を持参していました。
普段通りの格好をしていた私はカメラを守りながら、すみっこでおこぼれを拾いました。
私は小豆島にくるまであまり餅まきに参加した経験がなかったのですが、
小豆島はなぜかよく餅まきがあります。撒かれる数もすごいです。
そして、拾わなくても参拝しただけで直接たくさんチョコレートをもらいました。
冬の一大イベント。来年は本気で参加したいと思います!

それにしても、大量にいただいたチョコレート。
食べきれないのは私だけではないようで、、、まわりの方には
同じチョコレートをおすそ分けでいただき、さらにチョコレートが増えました。
バレンタインを前に、醤の郷+坂手港の周辺はチョコに溢れています。

2015年1月4週目|瀬戸内国際芸術祭2016にむけて

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

瀬戸内国際芸術祭2016まで、あと1年となりました。
昨年から準備期間として少しずつ動き出していますが、
今年はよりいっそうスピードアップして取組みが進みそうです。

今年のまず一歩目として、1月18日に、醤の郷+坂手港プロジェクトの
ディレクターである椿昇さんや、原田祐馬さん、多田智美さん、
大西麻貴さん、百田有希さんが来島し、小豆島町長や役場のみなさん、
地元のみなさんへのご挨拶と現地視察を行ないました。

2年前に行なわれた瀬戸内国際芸術祭では、醤の郷+坂手港プロジェクトは、
おもに馬木地区と坂手地区のみなさんにご協力いただいて、大変盛り上がりました。
馬木地区、坂手地区ではそうした前例があるからこそ、来年の芸術祭では
きっと人と人との繋がりがさらに深くなる展開が起こるような気がします。

さらに、小豆島中に芸術による元気づくりが広く浸透するために、
前回は作品の設置がなかった草壁地区、池田地区の視察が行なわれました。

見慣れてきた景色も、芸術祭の作品展開がおこる可能性のある場所として
視点を変えて眺めてみると、とてもワクワクしてきます。

美術作品の設置場所といえば、美術館やギャラリーなど白くて広くて静かな空間が思い浮かびます。
画一化された白い空間のなかでは、作品それぞれの個性が引き出されますが、
小豆島にはそのような場所はあまりありません。
視察をしたのは、使われなくなった倉庫、浜辺の物置き場などです。

でも、そんな場所に作品があれば、美術館での展示よりもきっと想像力が膨らむはずです。
場所と作品の結びつきが強いほど、人と人が繋がるような気がします。

少しずつ具体的になっていく瀬戸内国際芸術祭2016の展開、
観光にこられる方にはもちろんですが、会場となる小豆島に暮らす人には
一番に楽しんでもらいたいと思いながら、視察に同行させていただきました。

2015年1月3週目|地域おこし協力隊に新メンバー

醤の郷+坂手港プロジェクトのスタッフ・こにしです。

1月13日、アメリカ出身の写真家パトリック・ツァイさんが、
小豆島町6人目の地域おこし協力隊に就任しました。

パトリックさんは、カリフォルニアで生まれ、ニューヨーク、北京、台北、東京など
世界中のあちこちで活動をしてこられました。
昨年の夏に開催された「アート小豆島・豊島2014」では、
graf、鳥取のゲストハウス「たみ」を運営するうかぶLLCと一緒に、
「馬木の家プロジェクト」として写真集をつくるため小豆島に滞在していました。

約1ヵ月の滞在期間中に、小豆島の自然、空気に魅了されたそうです。
またその間に、eiで絵画教室をしている岡村美紀さんと一緒にワークショップを
行ない、小豆島で学びの場を開きたいと感じたとのことでした。
今年の春から、パトリックさんは岡村美紀さんと一緒に、
草壁地区に拠点をもち、英語教室、絵画教室をおこなう予定です。

そんなパトリックさんが地域おこし協力隊として初めてのワークショップを
1月17日にeiにて行ないました。同じく地域おこし協力隊の岡村美紀さん、
向井達也さんとコラボレーションした「羽子板であそぶワークショップ」です。
羽子板といっても伝統的な形や遊び方にとらわれず、新しい羽子板を考えよう
という企画で、15人の子どもたちが参加してくれました。

羽子板の形を決めたら、のこぎりで板を切り出します。
のこぎり初挑戦という子どもたちが大半で、使い方やコツなどは、
向井さんが先生となって指導しました。
小さな子どもたちは、代わりにお父さんお母さんが頑張ってくれました。
コツをつかむと友達に教え合って、みんなで協力して取り組みました。

板を切り出したら、絵付けです。いつも絵画教室で先生をしている岡村さんが、
子どもたちの個性を活かしながら、配色や塗り方を教えました。
切り出した板に、子どもらしいカラフルで可愛い色が付けられて、
個性豊かな羽子板が完成しました。

印象的だったのはこの羽子板。
自ら遊びの難易度をあげるために、いくつも穴をあけています。
両手でもてる形になっているのも新しいアイデア。

こちらもとても個性的。シロカジキをモチーフにしたそうです。
カジキの角が持ち手になっているという斬新なデザインと大胆な色使いが素敵です。

つくった羽子板をもって、公園に移動すると、パトリックさんが、
アメリカで人気なクリケットの遊び方を教えてくれました。
実際に遊んでみると、思っていたより重かったり、持ち方を変えると打ちやすくなったりと
自分のつくった羽子板への気付きがたくさんあったようです。
最後は、とにかく羽子板でボールを打つのが楽しくて広い公園をみんなで走り回りました。

自分でつくる作品としてだけでなく、みんなであそぶための道具として
しっかり使ってみたことで、新しい発見や工夫が生み出されたように思います。

パトリックさんは日本語も話せるので、お気軽に話しかけてみてくださいね!
けん玉と動物が大好きだそうです。